「写真はスマホ派」だった僕がFUJIFILMの『X-T30』を買った話

どうも!だんご(@iekakeru)です。

最近急にカメラが欲しくなって買ってしまいました。

FUJIFILMのX-T30!

カメラ正面

これまで写真はスマホで十分だと思っていました。

学生時代はミラーレスの一眼カメラを持っていたんですが、やっぱりサッと取り出して使えるスマホの手軽さには敵わず。

社会人になって出かける機会が少なくなったこともあり、スマホカメラ100%になりました。

…でもこの度めでたくカメラを買ってしまいました!

今は早くいろんなところに出掛けたくてうずうず笑

今回は買った理由を中心に、新しいカメラを紹介します!

Contents

スマホのカメラも優秀なんだけど…

最近はスマホカメラの性能がグンと上がって、綺麗な写真が撮れるようになりましたね。

通常
スマホで撮った広角写真
広角
スマホで撮った超広角写真

僕のスマホは流行りに乗っかってレンズが3つくらい付いているやつです。

この写真を見たときは感動しましたよ…もう一眼いらないなと。

でも強いて言えば程度ですけど、気になるところはありました。

ボケが少し不自然

あんこボケ
スマホでポートレートモードで撮ったボケ写真

スマホでは複数枚同時に撮った写真を合成してボケた「風」の写真をつくっています。

この写真で言うと、手前のあんこ[写真①]と背景[写真②]が重なっていて、[写真②]にボケてる風の加工が施されています。

パッと見はいいけど、よく見るとモザイクがかかった背景に手前の対象物(あんこ)がペタッと貼られているように見えてしまいます。

それにスマホ上で処理しているから、境目が雑で違和感があったり。

あんこボケ拡大
背中の境目を拡大

猫の毛が潰れて見える

上の写真でもそうなんですが、毛の一本一本がわかりづらいと言いますか…

これは手ブレや機種の問題もあるので「スマホだから」とは言えないかもしれませんが、結構頑張っても色が潰れて見えます。

あんこの綺麗な写真を残したいと思ったときに細かいところが気になるようになったんですね。

単純に写真を楽しみたくなった

上でスマホの気になるところを2つあげましたが、カメラが欲しいと思った1番のきっかけは

写真をまた楽しみたくなったからだと思います。

ちょっとした粗が気になるようになったのも、スマホカメラの性能がすごく上がったからかなと。

スマホのおかげで写真が楽しくなってしまったので、もっと楽しむためにカメラを買うことにしました!。

カメラを買う際に検討した候補

予算は15万円以内。コンパクトなやつが欲しくて、最初から一眼レフではなくミラーレス一眼だけで検討していました。

最終候補に残ったのはこちらの2つ!

Nikon Z50

Z50
画像:https://www.nikon-image.com/products/mirrorless/lineup/z_50/

彼のぽてちが少し前にZ50を買ったこともあり、実物を見てすごく気になっていました。

コンパクトでグリップ感が良く、初心者でも使いやすそうでした。

でもわざわざ同じもの買わなくていいか、となり候補落ち。

SONY α6400

α6400
画像:https://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-6400/

もう1つ候補にあがったのはこちら!

いくつか回ったお店の販売員さんみんながおすすめしていました。

確かに同じ価格帯の機種の中では一番バランスが良さそう。

見た目もすっきりシンプルで最後まで迷いました。

FUJIFILM X-T30

X-T30 前面

でもなんだかんだ選んだのは「X-T30」でした!

決め手は結局、見た目です。笑

レトロ感がかっこよく、これぞカメラ!という見た目に一目惚れしました。

X-T30 操作ボタン

上面の操作ダイヤルでシャッタースピードや明かるさの調整できます。

見た目のガジェット感もすごく良いんですが、アナログで設定が確認できるのが意外にも使いやすい!

いくつか撮ってみた実例

あんこの横顔
あんこ
置物
水槽
海

ちなみに今使っているのは、レンズキットでついている「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」です。

今後は単焦点レンズも使ってみたいですね。

短いですが今回は以上です。

これから相棒として大事にしていきます!

ーだんごー

4+

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる